読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぇるのウェイウェイブログ

仕事中や授業中など、何かをサボっている最低な人達への暇つぶしブログです

『大工の思い出』

f:id:cheru1983:20151019081458j:plain

これは僕が大工をやっていた頃の話。


『お前、今日、佐藤のとこの現場を手伝って来い!』


朝、会社に着き開口一番、上司にこう言われ、僕は顔面蒼白になりました。
 
 
この佐藤さんなんですけどね、メチャクチャ怖い人なんですよ。ヤンキーあがりの大工なんです。行けば怒鳴られること間違いなし。下っ端連中の間では『佐藤さんの現場=死』と囁かれている様な恐ろしい場所なんですよ。
 
 
そんな鬼大工の元にね、僕は手伝いに行けとか上司に言われちゃった訳ですよ。もうね、行く前から心がポッキリ逝っちゃってました。



~そして車を走らす事30分、地獄に到着~



大工の朝は、一服andコーヒーから始まります。タバコを吸わない僕は、コーヒーを飲みながら仕事が始まるのを待ちました。



~そして~



佐藤
『俺は1階で作業するから、お前は2階で×××をやってくれ!!失敗すんじゃねぇぞヽ(#゚Д゚)ノ』


『はっ、はい(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル』


電動ドリルを手に取り、ダッシュで2階向かう僕。
 
 
タッタッタッタッタ
 
 
ガン!!!!!!
 
 
ドア枠にぶつかる電動ドリル。
 
傷つくドア枠。
 
というか重症なドア枠。
 
パニクる僕。
 
 
真っ先に頭に出て来た選択肢は『謝る』でなく『逃走する』でした。
 
 
殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される
 
 
そう、殺されるに決まってる。なんてったってまだ仕事をなんにもしちゃいねぇ。ただ2階へ上がっただけでこのザマだ。
 
 
どうしよう…。死ぬ…?
そうだ!!死ぬんだ!!2階から飛び降りて死ぬんだ!!!
 
 
間違って行く選択肢。
 
 
結局『謝る』という選択肢が出て来たのは最後の最後でした。もしかしたら、正直に謝れば佐藤さんも許してくれるかも知れない。そう思い出したんです。
 
 
奇跡を信じ、僕は震えながら佐藤さんに真実を伝え謝ったのですが、気絶してもおかしくないくらい怒られました。笑
 
 
僕はこの生死をさ迷った出来事を、後輩の原田に話しました。先輩の不幸話なのに原田はメチャクチャ笑っていました。この野郎…。
 


~それから数日後~



その日、僕は後輩の橋本という奴と行動する事になりました。現場に向かうまでの車中、橋本が口を開きました。


『チェルさん、この間、原田が佐藤さんの現場でやらかしたらしいっすよ!!』


『ほう、どんなミスを?』


『ドア枠を傷つけちゃったらしいですよ!!それを佐藤さんに言うのが怖くて2階から飛び降りようとしたらしいっすwアイツまぢヘタレっすよwww』


………


そ…そそ…
 
それ俺ーーーーーーーーーーっ!!!


こ、この野郎…。原田の話を聞き間違えたな。ここは先輩としてビシっと注意してやる。僕は口を開きました。


『マジかっwあいつヘタレだなw』


この瞬間、世界一のヘタレが誕生しました。
 
 
おしまい