ちぇるのウェイウェイブログ

仕事中や授業中など、何かをサボっている最低な人達への暇つぶしブログです

『出会いは突然やって来る』

f:id:cheru1983:20151018130439j:plain

 僕、休日に良くBMXの練習をしに海に行くんですよ。 ※BMXとは自転車でクルクル回ったりするスポーツです。



その日も、地元の練習場所で1人で練習をしていると、幼稚園児くらいのチビッコ2人に囲まれたんですよ。



『すげー!!』『もう1回やって!!』『最強じゃん!』



みたいな感じに。でね、まぁ別に減るもんでも無いんで、子供相手に技を見せてたらね、



『ねーねーお姉ちゃんも見て!!』



的な事を子供が言うんでね、チラリとそちらの方に目をやると、20歳くらいの女の子が1人で歩いてたんですよ。




『え?私???』



と、女の子の反応を見た感じ、チビッコとは全く関係のない人でたまたま1人で歩いてた様子。その女の子に『凄いから見てー!』とチビッコが勝手に声を掛けたみたいなんですよね。なので僕は、


『おいおい、お姉ちゃんが迷惑だろ!』


と心にも思ってない事を言いました。本音は勿論、


『いけー!!!もっと言うんだチビッコ達っ!!!』


です。笑
そして、僕の心の叫びが伝わったのか、


『じゃあ、お姉ちゃんも見てみようかなっ!』


という事になりました♡キャー!!



僕は、

 

『それじゃ見ててね(´・ω・`)』


とスカして言い、自分が出来る最大限の技をスカした顔で披露し、盛り上がった所で、トークを開始しました。



『いくつなんすか?』



『あ、私は21歳です!』



『あっ、俺よりも4つも下なんだね!』


チビッコ達
『ヒソヒソ(*´・Д・)(・Д・`*)』



『何話してるのー?』


チビッコ達
『お姉ちゃん達、結婚しちゃえば良いのにー!!』


僕、女
『はははっ(・∀・)』


なんなんですかコレ?


ねぇ…なんなんですかコレーーーーっ(´;ω;`)


恋愛白帯の僕は泣きました。とその時、


『おーいっ!そろそろ行くぞー!!』


とチビッコ達の親父さん登場。チビッコ達を連れて帰って行きました。


この瞬間、僕は気付きました。これは神様がくれたチャンスなのだと。この女、落とせるぞと。



だが焦ってはいけません。下心だけは出してはいけないのです。この後の誘い方は、


『もし良かったら、ご飯でも食べに行かない(´・ω・`)?』


が正解。別に無理なら良いですけど何か?的なニュアンスが大事なのです。僕は深呼吸をし、口を開きました。


『もし良かったら、ご飯でも食べに行かない?(´Д`*)ハァハァ』←無理だった。




『良いですよ』


この瞬間、僕の心の中の小人、7人の小チェル達が輪になり踊り出しました。


つづく

http://cheru1983.hatenablog.com/entry/2015/10/18/130937