読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぇるのウェイウェイブログ

仕事中や授業中など、何かをサボっている最低な人達への暇つぶしブログです

『いやらしい日記 つづき』

f:id:cheru1983:20151018133118p:plain

前回の日記を読んでいない方はこちらからどうぞ↓

http://cheru1983.hatenablog.com/entry/2015/10/18/133157




~デート当日~



ウサギ並みに警戒心が強い僕は、女の子がヤンキーを連れて来る可能性を考え、服装はダッシュが出来る物をチョイスし、アキレス腱をしっかり伸ばしてから待ち合わせ場所の駅の改札口に向かいました。



~そして待つこと数分~



女の子登場。1人です。1人で登場です。
 
 
今宵は激熱な夜になりそうです!!!


即ラブホに行きたい気持ちで一杯だったのですが、ここはグッと堪え予定通り七夕祭りを少し歩いて回ることに。



『〇×ちゃんはどんな男の人がタイプなの?』



『うーん、そうだなぁ。あっ、私、短髪の人が好きなんだよね!』

僕の心の中
(俺の事だな)



『そうなんだ!あと他には何があるのー?』



『あとスケボーとかやってる人好き!カッコいい!!』

僕の心の中
(なるほど。俺の事だな)


もうね、思いましたよね。この女、僕を欲しているのだなと。もうびしょ濡れなのだなと。







痴女め(´Д`*)ハァハァ


でもね、少し不安もあったんですよ。女の子は泊まりでOKとは言いましたけど、ラブホOKとは言ってないんですよ。ここがね、僕の中で引っ掛かってたんですよね。



『泊まりって漫喫かと思ってたんだけど…』


なんて言われる可能性も0じゃないですから。



~そして時流れること数時間~



ご飯を食べ終え、夜景を見に行き、まったりドライブモードになった頃、僕は気になるあの質問をしました。



『そういえば、泊まりで大丈夫って言ってたけどラブホで平気なの?』



『うん。そうなるかなって思ってたんだけど…』


僕の心の中↓
エイドリアーン!!
*  +   巛へ
       〒| +
  +   。||
 *  +   / /
   ∧_∧ / /
  (´∀`/ / +
  /⌒   |
  /ュヘ   |*
+〈_) )  |
   /   i +
+*++ / /丶 |
||| / / | ||||
―――――――――― 



『そうだよね!じゃラブホに泊まりに行きますか!』


とスカした顔で答えたものの、ラブホに向かう車のスピードは180キロを超えていたと思います。笑



『俺、ラブホに行くのなんていつぶりだろう♡』



『大丈夫!何にもないから安心して!』



『うん。そんなの分かってるって♡』



それでね、その後ラブホに入った訳ですよ。それでね……



本当に何にもないっていう (((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

指一本触れさせてくれないっていう(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


こんなことありえるんですか?ラブホに入って何もしないとか人として…いや哺乳類としてありえないじゃないですか?ロボットでもこの状況ならやってるはずです。笑


女の子の言い分は『彼氏は裏切れない』みたいな感じでしたけど、この状況はもう裏切ってるだろ!!


まぁ、でも無理してすることでもないので僕は諦めたんですよ…


とか言いつつ、ラブホを退室する直前まで、


『いくらなんでも、何もしないのは可哀相だから、口でしてあげるね!』

       ○ イクー!!
       /| 
     ○- ) 
  _| ̄|  || 


みたいな展開にならないかと期待していました。何にもなかったですけど。


まぁ長々日記を書いて来ましたけど、何が言いたいかって言いうとね、


明日、僕の誕生日っていうことなんですよ。照


おしまい。笑