読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぇるのウェイウェイブログ

仕事中や授業中など、何かをサボっている最低な人達への暇つぶしブログです

『小さな幸せ』

f:id:cheru1983:20151018135601g:plain

今年の正月くらいの話なんですけど、あのね、女の子と飲みに行って来たんですよ。美容師の子と2対1(僕)で。


女の子は2人とも美容師で、その内の1人は僕が初対面の子だったんですよ。


マキちゃん(仮名)って子なんですけど、剛力彩芽に似ていてかなりの美人でした。そして、かなり僕のタイプでした。


でね、飲み会は凄く楽しかったんですけど、僕、番号聞けなかったんですよ。なんか恥ずかしくて。


だから、家に帰ってから友達の女の子にメールして、マキちゃんのメアドをゲットして今メールしてる訳なんですけど、あのね、


手応えが無さ過ぎっていう (((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


だってね、基本的に絵文字は『あせる』と『キラキラ』しか来ないんですよ。しかもね、たまに『あせる』と『キラキラ』の使い方間違ってるんですよ。


『返事遅れてごめーんキラキラ


みたいな。そこは汗だろwみたいな。悪気ある?みたいなね。とにかく適当っぷりが凄いんですよ。


でもね、何だかんだでマキちゃんに気に入られたい自分がいて、どうしたら喜んでもらえるかを考えていたんですよ。それで出た答えが、


『友達にマキちゃんの働いてる美容院に行ってもらい指名してもらう』


だったんですよね。マキちゃんってまだアシスタントだから指名されない限り、切る機会がほぼ無いらしいんですよ。マキちゃん自身、凄い切りたがってたし、喜んで貰えるかなって…。


お前が行けよっ!言われそうですけど、僕、髪の毛ないんで……って笑えねーよバカヤロー。


そんなこんなで、マキちゃんの美容院に行ってくれる女友達をメールで探してたんですよ。



『おつかれー!あのさ、お願いがあるんだけど、今度友達が働いてる美容院に行って指名してあげて欲しいのだけど無理かな?』


友達
『別に大丈夫だよー!ただ最近切ったばっかりだから大分先になっちゃうけど…。どこの美容院?』


『△□×ビルの5階にタケシって美容院があるんだけど知ってるかな?』

友達
『知らないなー!!でも大丈夫だよー、タケシね!!また行く時メールするー!!』


『うん、よろしくー!!』

心の中
(早く髪の毛伸ばしやがれっ!!』


みたいなメールのやりとりを2、3人にして、とりあえず行ってもらえる友達は確保出来たんですよ。


でね、つい先日、また同じメンバー(2対1(僕))で飲む事になったんですけど、やっぱり男1人じゃ心細いなって思って来て、男友達を1人連れてく事にしたんです。


連れてく条件は2つ。
・僕より不細工である。
・トーク力がそこそこある。


そして、少ない友達を探した結果、掴まったのはトーク力のあるイケメンでした(´Д`;)ハァハァ


ただ、イケメンには今回の飲み会は僕の為にあるものであり、お前の為にあるものではないと重々伝えておきました。



~そして飲み会当日~


イケメンは何故かパーマをかけてやって来ました。ヘアースタイルを変えてやって来たんです。マジでぶっ殺してやろうかと思いました。


そして、飲み会が始まり、皆がほろ酔い気分になり出した頃、美容師2人の仕事の話になりました。


僕は黙って2人の話を聞いていたのですが、どうしても1つ引っ掛かる所があるというか、ん?あれ?と思う所があったので聞いてみる事にしたんです。



『ねぇねぇ、あのさ、2人が働いてる美容院の名前ってタケシだよね?』
 

マキちゃん
『ケンジだよ!』


『えぇーーーーーっΣ(゚д゚lll)』


みたいな。笑
僕、友達にタケシって美容院があるって言っちゃったんですけど(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


女の癖にタケシも知らないの?バリの上から目線で言っちゃったんですけど(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


これは今年1の凡ミスですね。恥ずかしかったなぁ…。


まぁ何だかんだで、飲み会は楽しく終わったんで良かったんですけど、帰り際、イケメンがマキちゃんの連絡先を聞いていたのを見た時はマジでワラ人形を買って帰ろうかと思いました。


そして、家に帰った後、マキちゃんに、おつかれメールを送ったのですが、返事に気持ちがこもって無さ過ぎて笑いました。


これ↓


『おつかれさまキラキラ
おいしかったねーキラキラ
ごちそうさまでしたリンゴ

がんばるよーキラキラ
ありがとキラキラ
おやすみキラキラキラキラキラキラ


僕の読み方がイケないんでしょうか?何度読んでも棒読みになるんですけども……。


ただ、マキちゃんとメールをしていると、メールに『リンゴ』が入ってるだけで、


リンゴキタ――(゚∀゚)―――!!


と思ってしまいます。これが最近あった僕の小さな幸せです。


おしまい